完全に割り切ったセフレとの関係を築きたい時のポイント

2018-10-26

一口にセフレといっても、相手との付き合いかたは千差万別です。

恋人同士のようにこまめに連絡をし合ったり休日にデートをする関係もあれば、欲求が高まった時だけ連絡を取って楽しむだけという関係もあります。

煩わしい恋愛ごとには発展させたくないという場合には、割り切った関係を維持できるようにセフレとの付き合いかたや選びかたに気をつけておきましょう。

デートなどを必要としない相手を選ぶ

セフレを探す時には、こちらの希望と同じように恋愛ごとを持ち込みたくないと考えている相手を探すことが大切になります。

最初の一歩で相手に求める気持ちに差があるとマッチングが上手くいきません。

ナンパにしても出会い系サイトの利用にしても、始めに相手とコミュニケーションを取る際にどういった関係を築いていきたいか話し合っておいてください。

情が移ってしまっては面倒だと感じている相手とであれば、後々面倒にならないサッパリとした間柄にしやすくなります。

恋愛をしたくないとアピールしておく

セフレと遊ぶ時に、会話の端々に恋愛をするつもりはないと牽制しておくこともポイントになります。

予防線を張っておけば相手から期待されずにアプローチをされる可能性を減らせますし、もっと親密になりたいという欲求を持たれた段階で発展の可能性はないだろうと思われ、相手のほうから離れてくれるようになります。

割り切っているからこそ好きなプレイで遊べる

割り切ったセフレとの関係のメリットは、相手に引かれてしまうかもしれないと躊躇せずにプレイに対する要求を口にできるところです。

お互いの目的が恋愛を交えずに楽しむことで合致していれば、遠慮をしないでしたいことややって欲しいことを言い合える関係を作っていきやすくなります。

プレイの幅を広げることができますし、そちらでの相性がいい相手を見つけられれば長続きしやすくなるでしょう。

パートナーがいる相手を探してみるのもあり

セフレを作りたいけれどもいざという時にサッと切れる関係だけでいい、長続きまで望んでいないという場合には、あえて恋人や婚姻関係にあるパートナーがいる相手を狙ってみるという方法もあります。

パートナーに不満があってセフレを相手にスッキリとしたい、一晩だけストレス解消をしたいと相手を探しているという人も少なくなく、サイトやアプリで検索をするとすぐに見つかります。

深入りするとトラブルに発展する可能性も少なくありませんが、一度のみと最初に決めてその後すぐにお別れをすれば、面倒ごとには巻き込まれずに遊ぶことが可能です。

[おすすめ]主婦とセックスができるサイト

関連記事: