食事をした後はやはり臭う事が多い!口臭が発生しやすい食べ物は?

2018-07-04

食事をした後は食べ物のカスは歯や歯茎などに付着する事が多いので口臭が発生する原因の一つとして考えている人も多いでしょう。

それで食事をする時に気を遣う必要もありますが、実際にどのような食べ物を食べていると口臭が発生しやすいのか確認していきましょう。

甘い食べ物

おやつの時間などにお菓子やケーキなど甘い食べ物を食べる人も多いでしょう。

特に女性は甘い食べ物を食べる事が多いですが、糖分がたくさん含まれているので口内で細菌が繁殖してしまう事も多くなります。

甘い食べ物を食べた後は歯磨きをしないと虫歯になると子供の頃に教えられる事が多いですが、細菌が繁殖する事で虫歯が出来てしまうのです。

当然口臭も強くなる事が多いので気になる人は甘い食べ物を食べるのを減らして対策をしていきましょう。

ネギ

ネギやいろいろなメニューの中に含まれていてトッピングに使用する食材でもあります。

ネギが入っている事で食べ物が美味しくなる事も多いですが、口臭が発生する原因の食べ物の一つなので注意しなければいけません。

ネギにはアリシンという成分が含まれていて酸化すると臭いが発生する事があります。

特にネギを毎日食べ過ぎていると口臭が強くなる事も多いので食事の中でなるべく減らして対策していくようにしましょう。

またにんにく、らっきょう、ニラなどもアリシンが含まれているのでネギ同様に食べるのを減らすようにしましょう。

緑黄色野菜も油断禁物

緑黄色野菜はビタミン、食物繊維など体に必要な栄養素が含まれていて口臭も抑えられる食材と言われているので日常生活の中の食事で食べる人も多いでしょう。

しかし口臭が発生してしまう可能性がある緑黄色野菜もあるので注意しなければいけません。

緑黄色野菜の中で口臭が発生する可能性があるのはアブラナ科のブロッコリーや小松菜が挙げられます。

インドールという成分が含まれていて口内に発酵臭が充満してしまう事があります。

歯磨きをしても取り切れない場合もあるので口臭が気になっている時はブロッコリーや小松菜を食べるのは控えるようにしましょう。

大豆製品

大豆製品は良質なタンパク質が含まれているので栄養価が高い食材として知られていますが、口臭が発生してしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

そこで大豆製品の中で口臭が発生する可能性がある食べ物を挙げていく事にしましょう。

納豆

納豆は血液をサラサラにしてデトックス効果も期待出来る食べ物なので体臭を抑えられると言われています。

しかし納豆にはアンモニア成分が含まれているので食べた後に臭いが残ってしまう事があります。

それで口内に臭いが充満して口臭が発生する事もあるので納豆を食べている人は要注意です。

豆腐

豆腐は味噌汁の具として入れる事が多いですが、タンパク質が分解されやすい特徴もあるので食べた後に臭いとして口の中に残ってしまう可能性があります。

豆腐を食べる事が多い人も口臭が発生する事が多いので要注意です。

チーズ

特に女性はチーズが好きな人が多いですが、口臭の原因になってしまう食べ物の一つなので注意しなければいけません。

チーズは発酵食品なので食べた後に細菌が発生する事も多いです。

特にブルーチーズは臭いが強くなる事もあるので口臭が気になっている人は控えた方がいいです。

またチーズはカロリーが高くて体に脂質として溜まってしまい体臭が発生してしまう事もあります。

その影響で口臭が強くなる事もあるのでしっかり頭に入れてきましょう。

口臭が解消されても食べる量は少なくしよう

口臭が発生しやすい食べ物はこのようにあるので解消されるまでは控える人が多いでしょう。

しかし口臭が解消されて食べ出してしまうと再び口臭が強くなってしまう事もあります。

口臭が解消されても食べる量を少なくして再発しないようにしていきましょう。

[PR]口臭対策 サプリ人気ランキング2018 | 生臭い・酸っぱい・ドブ臭いを解消

関連記事: